STC-501TMFの機能や特長 その2

シロカ コーヒーメーカー STC-501TMFの大きな特長に
【ミル内蔵】ということを前回の記事で書きました。


簡単に美味しいコーヒーを淹れることが出来るようになったので
コンビニの100円コーヒーやファミレスのドリンクサービスのような
楽しみ方が出来るようになった一方で物足りなさを感じる人もいるかもしれません。
コーヒーに人一番強いこだわりを持った人などが、当てはまるかと思います。


シロカ コーヒーメーカー STC-501TMFは、
自動でコーヒー豆を挽くことが出来ますが
中粗挽きに限られているのです。


豆の挽き具合に好みのある場合などは、ご自身で挽いた豆を用意して
STC-501TMFに入れてドリップすることも可能です。


STC-501TMFは、30分間の保温が可能ですが
コーヒーが煮詰まらないうちに
早めに飲むことをオススメします。


>> シロカ コーヒーメーカー STC-501TMF 詳細はコチラ!!




STC-501TMFの機能や特長

シロカ コーヒーメーカー STC-501TMFの最大の特長といえば
『ミル内蔵』でしょう。


コーヒー豆は、一度挽いてコーヒー粉にすると酸化が一気に進んで
その風味が損なわれてしまいます。


STC-501TMFは、ミルを内蔵してコーヒー豆から粉に挽いた状態で
直ぐにドリップするのでコーヒー本来の風味を失うことなく
美味しいコーヒーを味わうことが出来ます。


STC-501TMFは、コーヒー豆を入れてスタートするだけの簡単な操作で
美味しいコーヒーを楽しむことのできるコーヒーメーカーです。


>> シロカ コーヒーメーカー STC-501TMF 詳細はコチラ!!